安心・安全・良質

CONTENTS

  • 治療のながれ(おとな)
  • 治療のながれ(こども)
  • 虫歯予防小児歯科専門医
  • 歯列矯正・咬合管理
  • 口腔ケア
  • 歯科用X線CT画像センター

長十ニュース


2017/10/04
 2017/10/04
2017/09/04
 2017/09/04
2017/08/01
 2017/08/01

▶一覧を見る

 
  • home
  • 当院のご紹介
  • 診療案内
  • 治療の流れ
  • 診療室のご紹介
  • 診療機材
  • FAQ

長十歯科医院 一般歯科/小児歯科/矯正歯科/予防歯科 0238-42-5152

■診療時間:
午前/9:00~13:00
午後/14:00~18:00
■休診日:木曜・日・祝祭日

〒999-0121
山形県東置賜郡川西町
上小松1517-2


おしゃれで、リラックス出来る個室の診療室で…

キュアエリア(診療エリア)とケアエリア(メイテナンスエリア)の分離をはかり、今まで以上にリラックスして治療をうけていただけるような環境

安心・安全・そして良質な歯科医療を提供できる環境を整えたいと思うから

・歯科用CTの設置やエレベーターの増設
・治療ユニットの新機種への入れ替え
・減菌室の国際基準に沿った設備の導入など
を行っています。

歯科外来治療、環境体制(外来環)を整えています

当院では、生体情報モニター、AED、口腔外サクション、クラスBオートクレーブ(リサ)などを設置し、歯科の特性に配慮した、「安心・安全・クリーン」な総合的な歯科医療環境の整備を行っています。
これらのことは、施設基準に適合している旨、厚生労働省地方厚生局に届け出を行っています。

安心・安全

・院内感染の予防や感染性廃棄物の処理などに万全をつくしています。
・消毒・減菌の方法や流れをマニュアル化してスタッフ全員に周知徹底して、ISOの認証を受けました。
・感染性廃棄物等の保管や最終処理までの行程も同様です。

▲このページのトップへ

Lisaリサ<リサ>

高圧蒸気減菌器

高圧蒸気減菌器

欧州の新基準をクリアした高度な減菌レベル

患者さんが安心して歯科医療を受けれる最も重要な条件のひとつ、それが徹底した衛生管理です。お口に直接触れる器具はもちろん、治療で使用するものは常にウィルスレベルでの減菌が不可欠なのです。当院ではこの減菌システムを採用することで、高い安全性と信頼の歯科医療を患者さん一人ひとりに提供いたします。



クラスBオートクレーブ

クラスBオートクレーブは、小型高圧蒸気減菌器のヨーロッパ規格(EN13060)で「あらゆる種類の被減菌物を安全に減菌することができる」とされています。
今までの歯科で使用されている減菌器よりもさらに厳しく、医科で使用されている大型減菌器の規格(EN285)に準じ、歯科で使用できるようにコンパクトにしたクラスBオートクレーブ、それが「リサ」です。



Q タービンやコントラを滅菌するときに乾燥させても大丈夫?

A「リサ」を使ってタービンやコントラの減菌をする場合は大丈夫です。

タービンハンドピースやコントラアングルの一般的な耐熱温度は135℃で、一般的な減菌サイクルのの温度は135℃以下なので、減菌をすることに関しては温度の問題はありませんが、一般的な減菌器では乾燥工程の温度が160℃とか180℃に上昇してしまうので、タービンハンドピースやコントラアングルを減菌するときは乾燥工程を省いて下さいとハンドピースメーカーでは説明しています。しかしながら、小型減菌器のヨーロッパ規格(EN13060)によると減菌器から器具を取り出した時点で器具が乾燥していないと減菌は出来ていないとされています。つまり、係留(減菌)工程が終了した時点で器具を取り出すという事は器具が濡れているので、減菌器の外に出した時点で減菌の効果は無くなってしまいます。
クラスBオートクレーブ「リサ」の場合は、真空下で乾燥工程を行う為に、水の沸点が下がる為に、70℃~80℃といった温度で乾燥工程が行われます。
一般的な減菌器の乾燥温度よりもかなり低い温度で乾燥を行うので、タービンハンドピースやコントラアングルを安心して減菌する事ができます。

▲このページのトップへ

口腔外サクション

治療時に発生する有害な飛沫・粉塵をしっかり吸引。排気もクリーン。



口腔外サクションは歯牙切除やスケーリング中に飛散する飛沫粉塵細菌を瞬時に吸引し、歯科医師・スタッフそして患者様にクリーンな院内環境を提供するシステムです。
近年、関心の高まりつつある感染症や院内感染を防止し、感染リスクを軽減します。

▲このページのトップへ

生体情報モニター

生体情報モニターを使い、より安心、安全な治療を

患者さんの状態をモニターと表示ソフトを使って確認をしながらより安心、安全な手術や治療を行ないます。

偶発症に関するアンケート 日本歯科麻酔学会の実施したアンケート結果によるとアンケートにこたえた歯科医の全体の66%が治療中の急変を経験したことがあると応えています。

当院では、生体情報モニタを使ってみなさまの状態を確認しながら安心・安全な歯科治療を行なっております。
血圧の高い方や動悸のする方、ご気分の悪い方は、お気軽にお申込みください。

▲このページのトップへ

AED自動体外式除細動器

自動体外式除細動

AED

我が国で2004年7月より医師や救急救命士以外の人がAEDを使えるようになりました。
AEDとは突然心停止した人の心電図を測定・解析し、必要に応じて電気ショックを与え除細動を行う装置です。
当院でも業界のシェアと信頼性で定評のあるメドトロニックのライフパックを導入しました。

救急蘇生研修会2010.09.04

▲このページのトップへ

ハイパワーソニック HS-I

深い洗浄槽でもムラなく力強い洗浄を実現

ハイパワーソニック HS-I

1.強力な洗浄
洗浄のムラを抑えて、見えない部分の細かい汚れも強力に落とせます。

2.深い洗浄槽
槽内全体にムラなく超音波が伝わるので、機材を立てた状態でも洗浄が可能です。

3.金属疲労を軽減
直接洗浄槽内に振動を伝えるので、金属疲労を抑えることができます。

▲このページのトップへ