CT画像センター

CONTENTS

  • 治療のながれ(おとな)
  • 治療のながれ(こども)
  • 虫歯予防小児歯科専門医
  • 歯列矯正・咬合管理
  • 口腔ケア
  • 歯科用X線CT画像センター

長十ニュース


2017/10/04
 2017/10/04
2017/09/04
 2017/09/04
2017/08/01
 2017/08/01

▶一覧を見る

 
  • home
  • 当院のご紹介
  • 診療案内
  • 治療の流れ
  • 診療室のご紹介
  • 診療機材
  • FAQ

長十歯科医院 一般歯科/小児歯科/矯正歯科/予防歯科 0238-42-5152

■診療時間:
午前/9:00~13:00
午後/14:00~18:00
■休診日:木曜・日・祝祭日

〒999-0121
山形県東置賜郡川西町
上小松1517-2

歯科用CT画像センター

従来のX線画像では得る事の出来ない多くの情報がCT画像から得る事が出来ます。今後徐々に普及していくものと思われますが高額、高精度の検査機器の為、そう容易ではないと想像されます。
当院はその間“地域のCT画像センター”としての機能を果たしたいと考えております。 先生方の患者さんのご利用をお待ち申し上げております。

歯科用X線CT(ベラビューエポックス3D)による画像

当院では、3次元画像診断装置「ベラビューエポックス3D(歯科用X線CT・モリタ社)を設置し、先生方に3次元画像をもとに患者さんの診査、診断及び治療方針の決定などで広くご利用いただいているシステムを準備しております。 本システムは、先生方の患者さんに当医院に来院していただき、当医院の3DX装置を用いて、ご依頼を受けた(診断が必要な)部位の3次元CTを撮影致します。 撮影終了後の画像データーはCD-ROMにして先生のコンピューターで閲覧・計測可能な簡易ソフトウェア(ワンデータービュアープラス)を添付してお渡し致します。

3次元画像診断とは

3次元画像診断とは、水平断像(咬合面断像)、横断像(矢状断像)、縦断像(前頭断像)の観察が可能で、 従来のX線検査では不可能であった顎骨、根管、歯周組織、顎関節、顔面部、などの繊細情報を得ることができ、病体及び解剖学的位置関係を明らかにする事が出来ます。 臨床的には、インプラントの埋入位置の計測、確認、根管治療時の病巣の大きさ、根管方向、歯周病による歯槽骨の状態の把握などに非常に有効です。 本システムを用いることにより、診断が著しく正確になり、更に3次元的に対象部の形態や位置関係を知ることができることから、治療及び手術を適切に安全にしかも短時間で行う事が出来ます。

1 高画質:診断に必要な画像情報を高精細な画質でお届けします。
(従来のCT撮影に比べ8倍の解像度を有します)
2 低照射線:フィルムパノラマレントゲン約1枚分( Φ40×H40mmの場合)で患者さんに優しい装置です。
3 撮影範囲:広い撮影領域 Φ40×H80mmと Φ40×H40mmの切替式で、領域が広くなっても高解像度を維持します。
※約90%の症例はΦ40×H40mmの撮影領域で対応できます。
4 ワンデータービュアー:撮影後のデーターはワンデータービュアーの形でお渡しします。ワンデータービュアーにより、専用ソフトを所有しておられない先生方にもお手持ちのパソコンで3D画像を得ることが出来ます。
また、より高度な処理の出来るビュアーソフト3D i-VIEWへの出力も出来ます。 (既に3DXビュアーソフトをお持ちの先生で、当院のデーターを快適にご使用いただく為には、コンピューターのメモリー1GB以上、3DXビュアーソフトVer1.61以上を推奨いたします。 詳しくは(株)モリタ担当者にお問い合わせください。)
5 その他の形式で画像データーをご入り用の方はご相談ください。
インプラント治療のための顎骨・顔面部などの診査

顎骨状態(骨量、骨緻密性、緻密骨と海綿骨の広がりなど)の把握、神経と脈管系(下顎管、頣孔、切歯孔など)の位置、上顎洞の状態、ステントを用いた埋伏位置の検討及び決定

歯内療法における診査

難症例における根管の状態、頬舌的な湾曲、根尖病巣と根管との関係、異物の位置などの診査・診断

歯根破折の診査

破折の位置、破折線の走行、周囲の骨吸収、根管の状態、パーフォレーションなどの診査・診断

歯周病の診査

歯槽骨吸収の3次元的(立体的)診断、根分岐部病変と歯周病変の合併状態の診査・診断

抜歯予定歯の診査

埋伏歯、埋伏知歯の3次元的な位置と方向、歯根形態、下顎管との関係などの診査

顎関節の診査・診断

下顎頭と関節窩の3次元的な(立体的)形状と位置関係の診査・診断

矯正の歯軸の診査・診断、インプラントアンカーの診査・診断

矯正時の歯牙の3次元的な位置と方向、インプラントアンカーの埋入位置の診査・診断

移植・植歯における診査・診断

移植部位の歯槽骨の状態の診査、移植歯の状態、幅計の計測、再植歯の歯根の診査

顔面部の腫瘍・膿胞・骨折などの診査・診断

▲このページのトップへ

歯科用CTを撮影される患者さんへ

通常の診断や治療のために必要なX線検査は人体に対して影響は非常に少ないです。 逆に検査を受けないために病気が進んだり経過がわからない方が最も危険です。 しかもこの歯科用小型X線CTの最大の利点は照射線量が医科用CTと比較して非常に少ない装置です。 3D撮影時のレントゲンによる照射量はどの程度あるでしょうか? これは通常、歯科で使用している小さなレントゲン2枚程度です。 それは、医科用X線CTと比較すると1/100~1/30程度になり、歯科用小型X線CTの安全性は実証されています。 (医科用X線CTにおいても十分に安全性は確保されており、危険性はほぼ無視できる程度とされています。)

撮影時間

時間
午前の診察 9:00~13:00  
午後の診察 14:00~18:00  
夜間診療:無 休日診療:無
木曜、日曜、祝祭日は休診になります。

撮影申し込み方法

1 撮影をお申し込みいただく際には、まず当医院に電話にてご連絡いただき、撮影の日時を決定してください。また、患者さんに十分ご説明いただき、ご理解いただくようご協力をお願いします。
2 3D撮影依頼書(PDFデーター)をダウンロードして頂き患者名・病名・撮影部位・撮影目的および問題点がありましたら、これまでの経過や治療歴などを簡潔にご記入ください。
3 撮影日には、その3D撮影依頼書を持たせて患者さんを当医院に来院させてください。
4 撮影部位のデジタルあるいはオルソパントモ写真などがあれば持参させてください。撮影時の参考になります。持参した写真は患者さんにお返しします。
※別の方法での返却はご指示ください。
5 撮影結果は、診断上重要な画面をプリントアウトするなど、先生方の指示された確認しやすい形でお渡しいたします。なお、先生が患者さんと一緒に来院され、直接画像を見て診断する事も可能です。
※その際は、電話予約の際にご連絡ください。
6 診断ステント装着時、TEKの除去など診療台で処置を行う必要があると思われる場合は、必ず事前にご連絡ください。
7 撮影依頼されたデーターは個人データー保護の問題もあり、ご依頼医院に到着後3日で消去いたします。ご了承お願いします。

撮影料金

Φ40xH40mm ¥20,000円
Φ40xH80mm ¥28,000円

※表示の金額はメディア、記録代、消費税が含まれます。
全顎必要な場合4x8が3枚必要になります。
(同一患者さんで同一日の場合、2枚目からは、どちらもプラス¥3,000円)

※撮影料金のご請求について
撮影に関する費用はご依頼をいただいた歯科医院様にご請求いたします。
データーがお手元に届き閲覧が可能であることをご確認いただきましたら、
指定の口座にお振込をお願い致します。口座番号は、当方よりご連絡申し上げます。

3D撮影依頼書ダウンロード

アクセス

駐車場16台。診療所より南へ少し下った角にあるワニチドリの看板が目印の駐車場です。

▲このページのトップへ